節約生活はじめましょ
無理をしない、私の節約生活
ちょこっと節約
+キッチンでの心がけ
外出する時の心がけ
暑さ寒さ対策
通信費の節約
レジャー費の節約





キッチンでの心がけ
ちょっとした心がけが節約やエコロジーに繋がります。


ゴム手袋の活用
茶碗を洗う時はゴム手袋を使用します。
手荒れ防止になり、水で洗ってもあまり冷たさを感じません。
今まで温水で洗っていたのでガス代がかなり安くなりました。
でも真冬は冷えるので無理をしない程度にやっています。

エアーポットの活用
わが家は電気ポットは使いません。
朝、やかんでお湯を沸かしエアーポットに入れて使っています。
北国ならではですが、冬はストーブの上でお湯を沸かせるのでガス代がかかりません。
お湯が余ったら、料理や茶碗を洗うときに使っています。


まな板にチラシを敷く
お魚をさばく時や包丁の背でごぼうの皮を落とす時は、まな板の上にチラシを敷きます。
まな板を洗うのが楽なのと、汚れたものを包んで捨てるので後片付けが楽です。


食材は必要な分だけ買う
献立を考えて必要な分だけ購入するように心がけています。
買った食材は全て食べきるようにしています。

野菜を茹でる時は小さく切る
ポテトサラダを作る時、人参やじゃが芋はできるだけ小さく切って茹でます。
カレーも人参などはスライスして入れています。
早く茹で上がるので、ガス代の節約になります。

同時調理
グリルでお魚を焼いている隅で、焼きしいたけや焼きナスを作ります。
ブロッコリーやアスパラ、人参など、形の崩れない野菜ははパスタといっしょに茹で
ます。


麺を茹でたお湯の活用
お湯は洗い物に使います。
野菜を茹でた後のお湯も使っています。

余熱を利用する
玉子焼きを作る時は、ある程度形が整ったらあとは余熱を利用して焼きます。

ワンプレート


晩御飯は主菜1品と副菜2品、これで十分。
食器をたくさん使わないので後片付けが楽で、時間と水道水の節約になります。
このお皿、300円でした。

お弁当を作る
私は専業主婦で毎日外出することはないですが、朝家族のお弁当を作る時
自分の分のお弁当も作ります。昼にガスを使う事もなく時間も節約できます。
とても楽ですよ。

米のとぎ汁の活用
米のとぎ汁はボールに取っておいて家庭菜園の肥料にしています。
また、油汚れの少ない食器を洗うときに活用します。
麺類の茹で汁も食器洗いに使えます。


油で汚れた食器
油で汚れた食器は拭き取ってから洗います。
野菜のくずや果物の皮があればそれらで拭き取ります。
また、油で汚れた食器は重ねると油で汚れていない面も洗う手間が必要になるので、
重ねないように注意します。

ふきんの活用
野菜の水気を拭く・水気を絞る時にはふきんを活用しています。
さらしやガーゼでもよいと思います。

キッチンペーパーは切って使う
魚・肉などの生ものにはキッチンペーパーを使います。
もったいないのでキッチンペーパーは6分割に切って使っています。