節約生活はじめましょ
無理をしない、私の節約生活
ご飯を作ろう。
3食作って節約!健康!
+食についての考え方
私の買い物の仕方
料理は段取りよく
自家製合わせ調味料で節約
自家製冷凍食品で節約
食材の保存・冷凍保存
+保存食作り
 梅干し
 干し椎茸・らっきょうの甘酢漬け
+素材別料理
 キャベツ





食についての考え方

3食作ることが節約生活に繋がることはもちろん、
家族の健康を考えて食事はできるだけ手作りをしたいと思っています。

3食きちんと作ること、この習慣を付けることから始めました。

健康な食生活を目指す
節約生活に限らず生きているには健康であることが大事です。
食費の節約をしつつ、栄養バランスを考えて、一日3食作るようにしています。
わが家の食費は2〜3万円台です。無理なく長続きできる金額だと思います。
食材は全て国産で地物野菜を多めに購入しています。

主菜1品 副菜2品
晩ごはんはお魚・お肉・お豆腐・玉子のどれかをメインにした主菜1品と、
おひたしや塩もみした野菜・海草やイモ類などを使った副菜2品。
多すぎず少なすぎず適度な量を作るようにしています。

ちなみに朝ごはんは、ご飯+野菜がたっぷり入ったお味噌汁+納豆+海苔。
お味噌汁の具材が違うだけで毎日同じメニューです。
お昼はお弁当を作っています。


四つの食品群
昔家庭科の時間に習いましたよね。
第1群と第2群はおもにたんぱく質源で、この食品グループが主菜の材料。
第3群がビタミンやミネラル源で、副菜の材料。第4群は主食。

第1〜3群の食品を毎日食べることで体に必要な栄養素が確保でき
て、
バランスのよい食事をとることができます。
これらをちょこっと頭の隅において献立を考えています。
第1群 乳・乳製品・卵 良質たんぱく質・カルシウム
第2群 魚介・肉類・豆・豆製品  良質たんぱく質・カルシウム・
脂質・ビタミンA、B1、B2
第3群 野菜・果物・芋・海草・きのこ ビタミンA、B1、B2、C、
ミネラル、食物繊維
第4群 穀類・砂糖・油脂・その他 糖質・脂質
献立を考える
私は月〜木曜日、金〜日曜日の2つに分けて献立を考えています。
買い物は月曜日に生協の宅配が届き、週末にスーパーへ買い物に行きます。

献立を考える時はまずは主菜を考えます。
お魚・お肉・お豆腐料理(良質たんぱく質)などを使って、
できるだけ飽きないように献立を考えます。

次に副菜。
野菜・海草・きのこなどを使って副菜を2品考えます。
夏以外は常備菜など作り置きしておくと便利です。

買ってきた食材が余ったらまたそれを利用して次回の献立を考えます。

食材選び
旬の新鮮な食材を選びます。
夏にはみずみずしい夏野菜を、冬には体が温まる根菜などの冬の野菜を。
買ってきた食材は鮮度が落ちる前に早めに下ごしらえします。
冷蔵するもの・小分けにして冷凍するもの・洗って野菜室に入れるもの・すぐに茹でる
もの。冷蔵庫に入れる前にやっておくと後が楽です。


手作り料理は最高の贅沢
外食は味が濃かったり、惣菜には食品添加物がたくさん含まれています。
私は自分で作る手作り料理が一番安心・安全で体にやさしく、最高に贅沢だと思います。
心を込めて作ります。

料理を楽しもう
献立を考え食材を選び、調理しておいしく食べて後片付け。
毎日同じ繰り返しですが、料理を楽しみましょう。