節約生活はじめましょ
無理をしない、私の節約生活


家計簿はチラシの裏

長続きしなかった家計簿が、ここ数年続いています。
今までは、
・市販の家計簿は毎年2月で終ってた
・ただ書いてるだけ
・集計が面倒
・お金が合わない
・時間がない
などの理由で断念しておりました。

いつもどんぶり勘定で、しかも毎月赤字。
赤字だけはわかります。
貯金を崩して生活してましたから・・・

まめな方はきちっと家計簿を付けられるのでしょうが、
私の性格では市販の家計簿は無理ということがわかり、
勿体ないので家計簿を買うのをやめました。

ですが、そのおかげで家計簿をつけることが苦痛ではなくなり
毎月の収支を出せるようになりました。

使ったお金の集計だけならチラシの裏や
毎週宅配が届く生協の納品書の裏で十分。
白かったら何でもいいのです。

わが家の食費の予算は週単位で予算袋に入れています。
チラシに鉛筆で6等分して、そこに週ごとにいくらかかったのか記入するだけ。


字が汚いのですが^^;、
大きくしたらこんな感じ。

固定費や口座引落し分は予算を組んで毎月同じ額なので記入する必要はなし。
食費や日用品、雑費などの流動支出分のみ記入しています。
月の集計を終えたらパソコンに数字を入れて管理してます。

レシートを見て金額を書くだけ。
簡単だから長続きするんです。

毎日はやりませんが、週に一度はレシートを見て書いています。
レシートは小さなカゴにまとめて入れてます。
カゴには電卓とチラシ家計簿が入っていて、
やりたい時にひゅっと出してます。
あれこれ探してたらやる気がなくなりそうなので、
一まとめにするといいです。


月々のお給料の行方を知るには家計簿をつけるのが一番です。
その行方がわかって、今では無駄なくお金を有効に使う事ができています。
今月はいくら使ったのか、家計簿をつけるのが楽しいこの頃です。




わが家の家計管理
家計管理の流れ
+家計簿はチラシの裏
生活費は5万円以内
私の赤字解消法
お給料日にすること
袋分け予算
口座は目的別に分ける
家計簿の必要性
お金ノート
貯蓄目標を立てよう
確実に貯まる財形貯蓄
教育費を0歳から貯める